アンテナを変えるだけでこんなに!アンテナの重要性

従来型の八木アンテナ、問題もある?


テレビで地デジを視聴するためにはアンテナが必要です。もちろん、アンテナが無ければ、地デジ番組放送を視聴する事は出来ません。アンテナが設置してあっても、破損していたり、角度が悪いと映像に乱れが出て視聴しずらい状態になります。そういう意味でアンテナは重要な設備です。今までは八木アンテナと呼ばれる魚の骨のような形をしたアンテナが主流で、住宅の屋根の上に取り付けてあるのを見た事がある人も多いでしょう。屋根の上に取り付ける事で、受信の感度は良くなりますが、一方で雨風の影響を受けやすくなりますので天候不良による受信障害が起きたり、骨組みの一部が破損したりどこかに飛ばされてしまうという事もあります。この問題を解決するために最近登場した新しいアンテナがあります。それを次に紹介します。


見た目すっきりデザインアンテナ!


最近、新しく登場したアンテナとしてデザインアンテナと呼ばれるものがあります。八木アンテナと違い、住宅の壁面などに取り付けるタイプのもので、魚の骨のような形をした八木アンテナと比べると、デザインアンテナは長方形・六角形をしており見た目がすっきりして違和感がありません。壁面に設置されているため、雨風の影響は比較的受けにくいのが特徴です。住宅との調和を考えるのであれば、見た目がすっきりしますのでデザインアンテナを選ぶのもいいかもしれません。どちらのアンテナも設置工事は専門業者に任せるのがいいと思いますが、価格を比較した場合、八木アンテナは価格が安め、デザインアンテナは価格が高めの傾向にあります。選ぶ基準は人それぞれですが、テレビの視聴にも、見た目も、アンテナはとても重要な役割を果たしています。