知ってて得するアンテナA to Z

一般的な八木アンテナ


アンテナはテレビで地デジ放送を見るためには必ず必要な設備です。アンテナが破損してしまったりすると受信に影響が出てしまい、視聴しずらい状況になります。そういう意味でアンテナは重要な役割を果たしています。アンテナと言ってもいくつか種類があります。一般的なのが八木アンテナです。魚の骨のような形をしているのが特徴で、街を歩いていると住宅の屋根の上に多く見る事が出来ます。屋根の上に設置する事で電波を受信しやすくしているのが特徴です。ただし、雨風の影響を受けるため、受信障害が発生する事もあります。設置工事や修理に関しては、屋根の上ですので専門業者に任せるのが適切です。価格は、他のアンテナと比べると安めです。


新しいデザインアンテナ


従来型の八木アンテナだと、屋根の上に設置されているため雨風の影響を受けやすかったり、メンテナンスしずらかったりと問題がいくつかあります。それを解決してくれるのが、最近登場してきたデザインアンテナです。形は長方形または六角形などすっきりした形をしているのが特徴です。設置も住宅の壁面に設置される事が多いですので直に雨風の影響は受けません。八木アンテナと比べると形がスタイリッシュですので、住宅とも調和がとれて見た目もいいです。設置工事は壁面ですが、配線用の穴を開けたりする事もあり専門業者に依頼するのが良いでしょう。価格は八木アンテナと比べると高めですが、今後普及していくアンテナとして期待されています。