最適なのはどのタイプ?設置場所別おすすめアンテナ

良好な受信なら屋根上の設置を考える


テレビ放送を受信するときは、アンテナを用意する必要があります。衛星放送などはパラボラアンテナを空に向けて設置します。衛星が受信できれば良いので、1階や2階で大きく受信のしやすさは変わりません。地上波だと、近隣の山や電波塔などから電波が送られてきます。高いところから送られるのでどこでも受信は可能ですが、障害物があると受信がしにくくなります。となると、一戸建てなら屋根の上に設置するのが最も受信しやすいと言えます。屋根の上に設置するのに適しているタイプがあるので、そちらを利用しましょう。アナログ放送からデジタル放送に変わるにあたってそのまま使えるアンテナもありますが、取り換えや向きを変更したりが必要な時もあります。


条件が良ければ室内での受信も可能


地上アナログ放送を受信するとき、屋外用のアンテナと室内用のアンテナでの受信では、かなり画像で差が生じていました。屋外用だとそれなりにきれいに受信ができましたが、室内用だとどうしても画像が乱れやすくなります。最悪音声のみしか受信できないときもあります。地上デジタルになって、室内用アンテナの利用でも安定した受信が可能になっています。周りに高い建物がなかったり、マンションなどの高い建物から受信できるときは、室内用を利用しても良いでしょう。室内用は自由に置く位置を変えられますが、最も感度が良くなる位置を探す必要があります。窓の近くが受信しやすくなるので、方向なども考えながらより乱れずに利用できるところに設定しましょう。